女性

ストレスによって起こる鬱病は専門機関に相談を!

重い心の病気

男性

鬱病は、肉体的なものと精神的なものがあります。肉体的な症状を重い病気の前兆と考え鬱病だとは思いもよらない人がたくさんいます。精神科で治療することが必要ですが家族が付き添い状態を説明すれば医師の参考になります。

詳しく見る

深刻な現代病

レディ

鬱病だと思ったら早めに治療を行いましょう。治らない病気ではありませんが、早めに治療を行ったほうが改善するのに短期間で済むことが多いのです。深刻化する前に専門クリニックで診察してもらった方が良いかもしれません。

詳しく見る

精神科・心療内科

医者

現代の日本には精神疾患、特に鬱病を患っている人が多くて、そのために精神病院も多くなっています。信頼できる精神科や心療内科で診察を受けるように注意しましょう。診療時間が長く、親身に対応してくれる場所が望ましいです。

詳しく見る

ネガティブな思考の改善

走る男性

鬱病の症状改善には、休養を取りながら主に薬物療法や精神療法がおこなわれます。薬物療法も大切な治療法ですが、それだけに頼るのではなく最終的に薬がなくても生活していけるようにすることが大切であると言えます。

詳しく見る

心のバランスを整える

ウーマン

完璧主義は良くない

鬱病の原因はまだ完全には解明されていませんが、最近の研究から脳内で働いている神経の伝達物質がストレスなどによって、上手に働かなくなってしまうことが原因ではないかと考えられています。このように鬱病は過度のストレスが原因になっていることが多く、そしてそのストレスの中でも特に多いものが"人間関係によるストレス"と"環境の変化からくるストレス"だと言われています。鬱病は真面目で責任感が強い人ほどなりやすいと言われています。何故このようなタイプの人たちが鬱病になりやすいのかというと、真面目で責任感が強い人たちは自分の限界を超えてもなお自分を追い込み続けて頑張ってしまうため、過度のストレスがほかの人よりもたまりやすいからです。そしてそれが長い期間続くと心のバランスが崩れてしまい、最終的には鬱病になってしまうというわけです。鬱病になってしまうのを防ぐためには、まず何でも完璧にこなそうとしてしまうという考え方を変える必要があります。やることにメリハリをつけて、柔軟に物事を考えられるようにすることが大切です。しかし、性格を変えるのはなかなか難しいことです。そういった時は一人で抱え込むのではなく、医師や専門家に相談をしてみるのも有効な鬱病の対処方法です。

自分に合った治療方法を

「最近調子がおかしくて、もしかしたら鬱病かもしれない…」と思ったらすぐに医療機関にかかることをおすすめします。何科にかかればいいのか迷う人も多いと思いますが、鬱病は精神科や心療内科のカテゴリーになります。ほかにも身体に何かしらの症状がある場合は内科でも診てもらうことができます。身体に現れている症状が別の病気によるものではないということを内科のお医者さんに診てもらい、そこから精神科や心療内科を紹介してもらいます。鬱病を治療する上で最も大切なのが十分に休養を取って、心と身体にかかってしまっているストレスを取り除いてあげることです。仕事を休んだり家事を休んだりすることで、綺麗さっぱりストレスを取り除いてあげることが完治を目指すために最重要のポイントになります。これと並行して抗うつ薬による治療を進めていくことになります。鬱病と聞くと精神的なものというイメージがまだまだ強いですが、抗うつ薬を飲むことで原因となってる脳内の伝達物質の働きを活発にさせることができ、これによって体はもちろん心のバランスを整えることができるのです。この抗うつ薬は医療機関に行って診察をしてもらうことで処方をしてもらうことができます。

Copyright© 2016 ストレスによって起こる鬱病は専門機関に相談を! All Rights Reserved.