女の人

ストレスによって起こる鬱病は専門機関に相談を!

ネガティブな思考の改善

走る男性

治療法は症状によって様々

鬱病とは、ネガティブな思考にとらわれてしまい、ポジティブな考えが出来なくなってしまうことで心や体に様々な支障が出る精神疾患の一つとなっています。趣味や今まで好んで楽しめていたものにも急に興味がわかなくなり、むしろつまらないとさえ感じてしまうこともあります。落ち込みが激しく、仕事や人間関係などいろいろなことが上手くいかなくなると感じることが多く、その度に自分を責めてどんどん症状は悪化していきます。鬱病は自分で症状を改善させることは難しいため、医療機関を受診して治療を行う必要があります。一時的に改善させることが出来たとしても、鬱病は再発しやすい疾患でもあるため将来的に再発を防ぐためにも専門の医療機関でしっかりと治療を受けることが望ましいと言えます。鬱病の治療には、基本的に休養を取りながら薬物療法や精神療法がおこなわれます。会社や学校を一時的に休み、自宅で療養しながら定期的に通院もして治療を行っていきます。症状が酷い場合には、自宅で療養が難しいこともあるためその場合には入院する必要がある場合もあります。家族など患者の周囲の人のサポートは、症状を改善させていくには必要不可欠なものであると言えます。

薬に頼らない治療法

鬱病の治療は、薬物治療が中心となります。抗うつ薬を中心に、必要に応じて睡眠薬なども処方されることがあります。薬を一定期間服用することは大切なことなので、途中で止めたりせずに医師の許可が下りるまでは継続的に服用します。しかし、薬にも少なからず副作用があり、最終的には薬なしで生活していけるようにすることが大切です。その為には、薬物療法だけに頼ってあまりカウンセリングをする機会がない病院よりも、薬物療法だけでなくカウンセリングにも力を入れている病院を選ぶと良いと言えます。鬱病は脳の機能が低下して心に影響を与え、それが体の症状としてもでていることが考えられますが気持ちを吐き出すことやアドバイスを受けることで状態を改善させることも出来ると言われています。薬物療法も大切ですが、カウンセリングも大切な治療法であるため、カウンセリングがしっかりと受けられる病院をポイントに探すことが望ましいです。病院によって治療方法や方針もそれぞれ違います。通っている病院が必ずしも自分の症状の改善に適しているとは限らないため、治療に疑問がある場合は他の病院を受診して、セカンドオピニオンを求めることも手段の一つであると言えます。

Copyright© 2016 ストレスによって起こる鬱病は専門機関に相談を! All Rights Reserved.